FC2ブログ
2021/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
クリニック8周年。
今週も1週間が終わりました。

がらがらの日々ですが、

土曜日は久しぶりに順番予約が入らなくなるほど

混雑しました。

あちこちの保育園で胃腸炎が流行しています。

この時期は毎年ロタウイルスが猛威を振るう時期ですね。

昨年からロタウイルスは定期接種になったので

数年するとロタウイルスは流行しなくなることが予想されますが

それまでは毎年流行するのでしょうね。

お子さんが急に嘔吐し始めたら

何はともあれ、絶飲食で経過観察です。

胃腸炎の治療は「消化管を休める」、すなわち

食べさせないのが基本です。

こどもは嘔吐した後に食べたがるお子さんが多いのですが、

食べさせないようにしましょう。

2,3日くらいは何も食べなくても大丈夫です。

水分は可能であればイオン飲料を少しずつあげましょう。

脱水が心配だと、お子さんが嘔吐が始まると

欲しがるままに水分をあげてしまい、

飲ませる度に嘔吐させる親御さんがいますが、これは禁忌です。

脱水というのは、嘔吐するから進行するのです。

飲ませると嘔吐するお子さんは

飲ませないことが、脱水の予防になります。

夜中に嘔吐が始まった場合は

朝まで水分は飲ませない方が無難でしょう。

胃腸炎の嘔吐には、

五苓散の注腸が特効薬です。

お子さんの嘔吐が始まったら

いつでも受診してください。


さて、

4月8日はクリニック開設記念日です。

当院は2013年4月8日に開院し、

初日は29人、1週間で102人の方が

来院してくれました。

その後は順調に患者さんが増え、

多くの方にかかりつけ医にしていただいてると実感してます。

しかし、コロナが流行している現在は

1日30人なんて日がちらほらと見られています。

1日30人だと

待合室に誰もいない時間帯が非常に多いのです。

こういう状況ですので

お薬だけ必要な方は

電話でお話ができれば処方箋を発行することができます。

予防接種はいつでも接種できますので

(子宮頸がんワクチン、3種混合、日本脳炎を除く)

都合のよいときに来院してください。

予約で予防接種を希望される方は

1歳未満は平日午後2時から3時に、

1歳以上は土曜日9時から10時に予約枠を設定していますので

電話でお問い合わせください。


スポンサーサイト



まん延防止等重点措置、ですけど。
4月になりました。

がらがらの日々が続いています(^^;)。

どれだけがらがらかというと

毎年1月から3月は

インフルエンザの患者さんが多数いらっしゃって

ただの風邪とあいなって

それなりに混雑するのですが、

インフルエンザが全くでなかった今年の

1月から3月の合計来院患者数は

去年と比較して700人減、

一昨年と比較するとなんと1400人減!となりました。

まあ、まだうちはなんとかやっていけますけど

倒産する小児科がでてもおかしくないレベルなんですよね。

こどもたちが病気にならない、ということは喜ばしいことなので

定期の予防接種はしっかりと受けてくださいね(^^;)。

あまり知られていない、自費のお勧め予防接種は

年長さん以降の3種混合です。

百日咳の予防接種は4種混合に入っているのですが、

小学生以降、予防接種の効果が薄れてしまい、

百日咳にかかってしまうお子さんがいるのです。

4種混合は5回以上は接種できないので

4種混合を4回接種したお子さんは

百日咳の追加接種として3種混合ワクチンをお勧めしています。

当院はすべての予防接種が予約なしで接種できますが、

3種混合ワクチンはストックがないので

接種を希望される場合は

一度、クリニックまで電話をお願いします。


さて、まん延防止等重点措置、ですか。

緊急事態宣言と何が違うか比較する表がでていますが、

飲食店への休業要請ができるかできないか、ぐらいで

あまり違いはないようです。

飲食店の時短要請はできるので

一般市民にはなんら変わりがないようにも見えます。

海外で時短ではなく客席を間引くことが

感染防止と飲食店の経営を助けることになるという

報告がでているのになんでなんでしょう?

海外のように広々した店がほとんどないことが要因でしょうが、

時短だとアルコールの提供がしにくい

(客も店がすぐ閉まってしまうので頼みにくい)ので

利益率が落ちちゃいますよね・・・。

コロナのワクチンが全く先行き不透明なので

(僕もいつ接種できるのか、全然わかりません。)

オリンピックが終わるまでは

緊急事態宣言以外のできることを

継続するしかないようですが、

オリンピックの後、

この国に何が残っているのでしょうかね。

海外からのオリンピック選手団が原因の感染爆発で

医療崩壊にならないことを祈るばかりです・・・。

今年の祝日。
今週も1週間が終わりました。

木曜日は比較的混雑していましたが、

それでも空いている日が多かったです。

緊急事態宣言とか関係なく、

小児科は今後、こんな感じになるのでしょうかね。

今週は子宮頸がんワクチンを6人の女の子に接種しました。

高校を卒業した女の子も自費で接種しにきてくれました。

3月はこれで11人に接種していることになります。

安全性に問題ないことは国からも見解がでていますし、

20代、30代で子宮頸がんになる確率を0%にできる凄いワクチンです。

僕は、うちの子が6年生になったら必ず接種しますよ。

接種しないで娘が子宮頸がんになったら

それこそ一生後悔しますからね。

小学6年生から高校1年生まで無料で接種できますが、

接種を希望される方はワクチンを取り寄せますので、

来院する前にクリニックまでお電話ください。

迷っている方は、一度話を聞きに来てください。


さて、今週新聞で知ったのですが、

今年の祝日も去年と同様に

海の日と体育の日を7/22-23にずらして

オリンピック開会式に備えるそうですね。

そのため、7/19と10/11は祝日ではなく平日になります!

クリニックをやっているとそういう暦は重要で、

そろそろ7月の予防接種の予約を開始するのですが、

全く知らずに7/22-23も予約枠を作ってしまうところでした(^^;)。

僕が使っているスマホのスケジュール帳は

依然と7/19と10/11が祝日のままです・・・。

皆様もご注意くださいね。


気をひきしめて行きましょう。
さて、今日で緊急事態宣言が

解除になりますね。

1都3県は2ヵ月以上に渡った緊急事態宣言ですが

飲食店の営業時間が短くなった以外に

何か生活に変化があったんでしょうかねえ・・・?

普段、電車通勤をしないので

通勤電車の中がどうなのかよくわかりませんが、

公園で遊ぶ子供たちは

相変わらずマスクをしないで遊ぶ子が多い感じがしました。

宣言が解除になっても

コロナの予防接種が広く行われるまでは

マスクなしの生活は当分先でしょうね。

医療従事者に優先接種がはじまったはずのコロナワクチンですが

コロナを収容している病院では進んでいるものの

それ以外の大多数の医療従事者は

いったいいつになるのやら、という感じです。

うちのクリニックも5月だろうと思っています。

接種したら、どんなもんかお伝えしますね。


今週から幼稚園、学校は春休みですね。

手洗いの励行とマスクをつけることを忘れずに。

しっかりと気を引きしめて行きましょう。

クリニックは空いていることが多いので

いつでも予防接種しにきてくださいね~。


接種期限がある予防接種がありますよ。
今週も1週間が終わりました。

天気には左右されますが、

概ね、がらがらの日々が続いています。

当院は予約なしでいつでも予防接種ができますので

希望される方は母子手帳と予診票を持って

クリニックまで来院してくださいね。

今は日本脳炎ワクチンだけは供給不足となっていますので

日本脳炎のみ予約で接種しています。

昨日は予約で10人の方に接種をしました。

日本脳炎の接種を希望される場合、

1回目、2回目の方と

3回目なんだけど7歳になってしまった、

2期なんだけどもうすぐ13歳になって接種期限が切れてしまいます、

という方のみ接種しています。

1歳未満は平日2時から3時、

1歳以上は土曜日の9時から10時の枠で

予約をしてください。


公費で受けられる予防接種は

いずれも接種期限があります。

(接種期限を越えると有料になってしまいます。)

1歳前後まではだいたい忘れずに接種していますが、

それを超えてしまうとつい忘れてしまうものもあります。

日本脳炎は3回目が7歳半まで(特例を除く)、

麻疹風疹ワクチンの2回目は

小学校に入学する前の月の3月31日までです。

2種混合は小学校6年生で接種しますが、

13歳の誕生日の前日まではOKです。

子宮頸がんワクチンは

小学6年生から高校1年生まで無料で接種できますが、

他のワクチンと違ってストックがないので

市役所で予診票をもらったらクリニックに電話を入れてください。

当院ではこの2年間で34人の方に子宮頸がんワクチンを接種しています。

安全に接種できるワクチンですが、

いろいろと不安なことがあるようであれば

どうして安全といえるのかご説明しますので、

いつでもご相談ください。



プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数