fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
同じ病院に行きましょう。
今週も1週間が終わりました。

今週はインフルエンザA型1人、B型33人、

コロナ10人でました。

インフルエンザB型が大流行しています。

その一方で

コロナもインフルエンザも溶連菌もアデノも

何もひっかからなくて熱が続くお子さんも増えています。

基本的にはウイルス感染症による発熱で

心配ない場合が多いですが

38度以上の発熱が5日以上続いて

ご心配でしたら、一度受診してください。


さて、

当院は毎週水曜日がお休みです。

火曜日の夜に発熱して

水曜日に当院ではなく他院を受診して

何となく抗生剤を処方されて、内服し、

その後、熱が下がらないと当院を受診される方が

少なからずいらっしゃいます。

発熱の見方は医者によって様々です。

発熱の初期に抗生剤を処方する医者の気持ちは

僕には全く理解できません。

発熱初期に抗生剤を飲ませることは

子どもの世界では禁忌です。

初期の発熱に対して抗生剤が効果がある場合は

溶連菌感染症のみであり、

溶連菌が否定できれば、抗生剤は飲むべきではありません。

熱が続いたときに小児科医が考えることは

その発熱がウイルス感染症なのか、細菌感染症なのか、

あるいはそれ以外の入院加療が必要な病気か、です。

ウイルス感染症か、細菌感染症なのかは

血液検査をするとある程度鑑別がつきますが、

抗生剤を飲んでしまうのと

血液検査の炎症反応の数値が低く出てしまい、

お子さんの状態を正しく把握できません。

一番最悪なのは

発熱初期に抗生剤を処方されてしまい、

抗生剤を内服しているお子さんが風邪をこじらせて

肺炎になってしまう場合です。

肺炎は通常、外来で適切な抗生剤を内服させることで

入院することなく治癒することがほとんどですが、

抗生剤を飲んでいるお子さんが肺炎になった場合、

その肺炎は間違いなく抗生剤が効かない肺炎なので

入院していただく必要があります。

毎年1人ぐらいそういうお子さんがいて、

前医が抗生剤を処方してしまったことをお詫びして

入院していただいています。

発熱初期で受診したこどもに抗生剤を処方した医者は

その熱が下がらなかったらどう責任をとるつもりなのでしょうか?

発熱して他院から薬をもらい、

熱が下がらなかった場合は

必ず同じ医者を受診してください。

熱が出て、すぐに病院にいかなければいけない病気なんて

ないと思います。

親御さんが病気に対する正しい知識を身につけ、

必要に応じて受診するよう、心がけてください。

よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト



インフルエンザB型大流行。
今週も1週間が終わりました。

今週はインフルエンザA型14人、B型39人、

コロナ12人でました。

B型がかなりの勢いで流行していますね。

クリニック始まって以来の

B型の大流行かもしれません。

コロナが意外にも勢力を拡大してこないのが

やや不思議ではあります。

インフルエンザ検査は

熱が38度を超えてから6時間から12時間ぐらいしないと

ウイルス量が増えてこないから本当は陽性でも

陰性とでるかもしれませんよ、と

ずっとお話してきたのですが、

いやー、38度にならなくて検査をして

陽性になる人もかなり出てきてしまいましたね。

コロナに関しては、中学生以上は

成人同様、無症状でも可能性は否定はできません。

小学生以下は

常識的には38度以上の熱が出てます。

常識的には、です。

まあ、

熱がない小さいお子さんのコロナもちらほら出始めていますが、

コロナもインフルエンザも月に2回しか検査できませんので

基本的には熱がでてから検査を受けにきてくださいね。

それから

わずか2週間でインフルエンザA型からB型になった人がいますので

インフルエンザにかかったから

しばらくインフルエンザにはならないなあ、という感覚は

今回は違うかなと思います。

あと、

いまだにインフルエンザにかかったら

タミフルを飲まなければいけないと思っている方がいます。

タミフルを飲むと少し早く熱が下がるだけであり、

タミフルを飲まなくてもちゃんと治りますよ。

必要に応じて検査を受けてください。


コメント欄からお子さんのことで質問をする際は

お子さんの氏名、年齢(1歳未満は月齢)を

必ず書いてくださいね。


MRさんで面会を希望される方は

メールで面会内容をお伝えください。

必要に応じてこちらから面会日時を連絡します。

yamadakodomo-clinic@quartz.ocn.ne.jp


コロナ流行中。
今週も1週間が終わりました。

今週はインフルエンザA型18人、B型20人、

コロナ29人でました。

やっぱり流行してくると

コロナの方が勢いがある感じがします。

発熱した親子が検査をしたら

親御さんがコロナ、お子さんがインフルエンザの人もいました。

その後、お互いにうつしあったりするんでしょうかねえ・・・?

これまで当院で散々コロナのPCRをしてきてわかったこと。

こどもは熱がないときに検査をしてもコロナはでません。

(ここでいう熱は37.5度ぐらいでしょうか・・・・。)

親御さんが熱がなくて検査をしてコロナ陽性でも

お子さんは熱がでなければコロナは出ないことがほとんどです。

コロナのPCRはまだ保険で検査できますが、

PCR検査はそこにコロナウイルスが

いるかいないかの話をしているのであって

感染しているかどうかを意味しません。

たとえば、親御さんがコロナになって

お子さんが親御さんの呼気を1回吸えば

お子さんの鼻腔にコロナウイルスはいます。

でもそれは感染しているわけではないので

仮にPCR陽性でも抗原検査は陰性となります。

感染している場合は

抗原検査でも十分に陽性となりますので

基本的には抗原検査をお勧めしています。


コロナが流行してきたからかどうか、

最近、クリニックは閑散としています。

当日午前0時から時間帯予約を開始していますが、

朝には予約がすべて埋まっていることも多いです。

朝9時、午後3時にきていただければ

多少の待ち時間はありますが、診察できますので、

ご相談ください。


ブロクからお子さんのことで質問する際は

お子さんの氏名、年齢(1歳未満は月齢)を書いてくださいね。


MRさんの面会は予約制にします。
面会頻度が多いので

令和6年2月5日から

MRさんの面会は予約制にします。

メールで予約をしてください。

yamadakodomo-clinic@quartz.ocn.ne.jp

事前に面会内容を提示していただき、

面会が必要と判断した場合、

こちらで日時を指定します。

よろしくお願いいたします。

まだまだ大流行中。
今週も1週間が終わりました。

今週はインフルエンザA型23人、B型13人、

コロナ18人でした。

まだまだどれも大流行ですね(^^;)。

1ヵ月前にインフルエンザA型にかかったのに

またインフルエンザA型にかかったというお子さんが

何人かいらっしゃいました。

常識的にそんなことはありえないかと思いますが、

これだけいろいろ流行してしまうと

ウイルスも変異をして

違う型のインフルエンザAがでてきているのでしょう。

コロナのお子さんは

「どうしてうちの子がコロナに?」というパターンが

多くなっています。

保育園でコロナが流行しているところもありますが、

おそらく大人の無症状コロナが

こどもにうつって有症状のコロナとなっているのかなと思います。

インフルエンザもコロナも

子どもの世界ではいずれもあまり恐い病気ではないので

自宅で様子を見ても問題ないかと思います。

ご心配なら検査をしに来院してください。


以前、「コロナのPCR検査は保険適応ではなくなります」

とご案内したのですが、

3月までは保険で検査できるそうです(^^;)。

まあ、

個人的にはいまさらコロナのPCRをする必要はないかなと思います。

PCRというのは「そこにコロナウイルスがいるかどうか」

をみる検査であって

症状がないお子さんのPCR陽性が

必ずしも感染していることを意味しないからです。

発熱しているときに抗原検査をして陰性であれば

コロナにかかっていないと判断してよいかと思います。

コロナの抗原検査やコロナとインフルエンザの同時検査キットは

市販されていますが、

市販されているやつの精度って

いまいちな感じがしてなりません・・・。

結構、クリニックで再検査をして

ひっくり返ってしまうことがあります。

自宅で検査をして、

その結果を信じて様子を見てもよいのですが、

ご心配でしたら、確認の検査をしに来院しても

よいかもしれませんね。

ただ、

家族が次々とコロナにかかっていて

お子さんが発熱して、自宅でコロナ抗原検査陽性であれば

クリニックにコロナのお子さんを連れてくる必要はありません。

そのまま自宅で経過観察してください。

よろしくお願いいたします。



ブログのコメント欄から

お子さんのことで質問する際は

必ずお子さんの氏名、年齢(月齢)を書いてくださいね。

よろしくお願いいたします。


プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数