FC2ブログ
2016/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
登園許可証、必要ですか?
今週も1週間が終わりました。

発熱するお子さんが多かったのですが、

溶連菌8人、アデノウイルス3人という感じです。

アデノウイルスはこれから流行してくるのでしょうか。

アデノウイルスは何もしなくても治る病気ですが、

目が赤くない非典型例が多いので、

人にうつしてしまうのが心配な人は受診してください。


さて、溶連菌、感染性胃腸炎など

治ってから登園を再開するのに

登園許可証を要求するところが少なからずあります。

登園許可証を要求する施設の人々は

本当にそれが必要と思っているのでしょうか?

たとえば溶連菌は抗生剤を内服して24時間以上経過し、

熱が下がれば登園OKです。

それはこどもを扱う仕事に従事している人なら

誰でも知っていなければならないことですし、

熱がさがったかどうかは

親御さんの言っていることを信用するしかありません。

感染性胃腸炎も

嘔吐、下痢が改善していれば登園できますが、

それも親御さんの言っていることを信用するしかありません。

つまり、登園許可証というのは

親御さんが話した内容をそのまま書いているだけとも言えます。

そんなの、保育園で確認すればよいだけなのでは

ないでしょうか?

登園許可証をもらいに元気なお子さんがクリニックにくれば

また別の感染症をもらってしまうリスクもあります。

ごく一部の非常識な親御さんが

感染力の高い状態を維持しているお子さんを

保育園につれてきてしまうことを防ぐために

登園許可証をとるようにしているのであれば

それは全くナンセンスだと思います。

みなさん、どう思いますか?


スポンサーサイト



プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数