FC2ブログ
2016/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
やりたいこと、できること。
今週も1週間が終わりました。

今週は7日(水)に東京で講演してきたりして

体調が悪い中、結構ハードな1週間でしたが、

ようやく体調も回復しつつあります(^^)。


僕が開業してやりたかったこと。

もちろん、お子さんの病気を治すことと

それに対する親御さんの不安をとること、です。

あとは、こどもの病気についての啓蒙ですね。

1歳以上で熱が出ただけなら自宅で3日様子を見てね、とか

解熱剤をもらいに夜間休日に病院にいくなんて意味がない、とか

嘔吐だけで夜間病院に行く必要はない、とか。

もちろん、その理由をキチンとお話しして

納得してもらって、ですけどね。

それから胃腸炎になりそうだから、とか

胃腸炎が治っているか確認を、とかで

病院に行くことに意味はないんですよ。

あ、それが理由で病院にくるな、ではなくて

それが理由で病院に来る必要がないということを

知っていただきたいのです。

(登園許可証なんて、全く意味がない、ナンセンスです。)

「心配だから病院に行く」は、いいんです。

ただ、親御さんがいつまでも心配ばかりしていては

いけないと思うのです。

病気になって病院にかかったときに

薬をもらって終わり、ではなくて、

その都度正しい対処方法を身につけていっていただきたいのです。

発熱だけ、嘔吐だけの場合、

親御さんが自信をもってわが子の看病をしていただきたいのです。

それがそのお子さんの利益にもなるわけだから。


最近は朝も午後も、クリニックの前に行列ができることが多いです。

きていただけるのはありがたいのですが、

他の小児科クリニックはそんなに行列はできていないようです。

これが何を意味しているのか?

これが続けば、どうなってしまうのか?

夢は24時間診療ですが、

クリニックには多くのスタッフの協力が必要であり、

僕の体力にも限界があります。

いろんな意味で

こどもの病気の正しい知識を身に着けることは

とても大事なことなのです。

そういうお話はいつでも診察室でさせていただきますので、

お気軽に声をかけてくださいね。




スポンサーサイト



プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数