FC2ブログ
2018/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
「RSウイルスが流行しています」・・・は?
「今保育園でRSウイルスが流行しています」と耳にする度に

がっかりしてしまいます。

RSウイルスは風邪のウイルスです。

この時期風邪のお子さんに片っ端から検査をすると

おそらく半分ぐらいのお子さんからはでるはずです。

じゃあ、なぜ検査ができるのかというと

1歳前のお子さんで重篤な乳児喘息である「細気管支炎」の

原因になることがあるからです。

乳児喘息の補助診断として検査をするわけですね。

そのため、1歳を過ぎると保険が効かず、

当院では1歳を過ぎて検査を希望された場合は

自費診療として検査をしています。

RSウイルスはわかったところで薬がないため

乳児喘息を疑わないお子さんに検査をする意味がありません。

きちんと説明を受けていない親御さんは

お子さんからRSウイルスが検出されると

「なにか重篤な病気になってしまった」と勘違いし、

不安になってしまいます。

乳児喘息を疑わないお子さんに検査をする医師が

きちんと説明できるはずがありませんからね。

保育園の方々も

「風邪が流行しています」といちいち言わないように

「RSウイルスが流行しています」と言うことは

よく意味がわからない親御さんの不安を煽るだけなので

言わないようにしてください。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト



プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数