FC2ブログ
2019/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
インフルエンザ大流行中!
今週も1週間が終わりました。

相変わらず、インフルエンザが大流行しています。

今週は77人、でました。

全員A型です。

で、溶連菌も7人、出ています。

家族にインフルエンザがいて、発熱した場合、

当然インフルエンザの可能性が高いのですが、

だからといって検査陰性でもタミフルを飲む、というのは

いささか乱暴のような気がします。

先週の当番医で

インフルエンザ検査陰性でもタミフルを処方され、

その後熱が下がらないと当院を受診して、

溶連菌が出たお子さんがいました。

今年度から10歳以上のお子さんにもタミフルが処方できるようになり、

安全性に関しては問題ないような感じになっていますが、

やはり他の薬と比較して嘔吐の副作用がでる頻度は高いと思います。

他院でタミフルを処方され、

薬を飲む度に嘔吐するからと当院を受診し、

「それはタミフルの副作用です」と説明したら

びっくりした親御さんがいました。

タミフルなどのインフルエンザの薬は

熱が下がる時間を少し早くしてくれるだけです。

タミフルを飲まなくても、インフルエンザは必ず治ります。

副作用がでたと感じたら

直ちに内服を中止してください。




熱が38度にならないインフルエンザというものはありますが、

その頻度はとても少なく、

37度台で検査をすることにあまり意味はありません。

インフルエンザの検査は1ヵ月に2回しかできませんので、

37度台で検査をするようになると

本当にインフルエンザで発熱したときに

検査ができなくなってしまうことがあります。

保育園関係者はそのあたりをご理解いただき、

37度台で検査に行くことをお子さんに勧めることがないよう、

ご協力をお願いします。




スポンサーサイト



プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数