FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
新型コロナウイルスの見分け方。
今週も1週間が終わりました。

今週は比較的混雑していましたね。

今日は久しぶりに大混雑した土曜日でした。

長時間お待たせしてしまった方、申し訳ありませんでした。


さてさて、発熱した来院した方の中で

「兄弟が学校に行ってはいけないと言われました」

「こどもに熱があると、仕事にいけないのです」

「サッカーのコーチが受診するよう言うのできました」

と新型コロナウイルスをだったらどうしましょう、という

相談がありました。

まず、大前提として

検査をしないで新型コロナウイルスかどうかなんて

断定できません。

(当院では今のところ、検査できません。)

また、偽陰性(本当は陽性なのに検査では陰性)があるので

検査をしても断定できない状況です。

では、お子さんが発熱したら、どうしたらよいのか?

まず、子供の世界では新型コロナウイルスは怖い病気ではありません。

インフルエンザで死亡例があるように様々な例外はありますが

常識的にはただの風邪なのです。

それから子供の世界で新型コロナウイルスが自然発生することは

考えなくてよいと思います。

間違いなく、現時点では大人がこどもにうつす病気です。

であれば、お子さんのコミュニティ(保育園、学校、学童、塾など)で

集団で発熱している人がおらず、

家族にも熱が出ている人がいなければ

新型コロナウイルスによる発熱は考えなくてよいと思います。

状況証拠で考えていくしかないのです。

日本人はとかく、自分の頭で考えません。

権威主義で「お医者さんがいいと言えばいい」です。

自分で責任を取りたくないんですよね。

いやいや、お医者さんもわかりませんから!

ただ、家族にお年寄りがいるとか、合併症をもった人がいるという場合は

熱が長引いた場合はPCR検査を受けてもよいと思います。

今は医師会で症状がある人に対して

火曜日と木曜日の昼間に予約患者限定で

保険診療で新型コロナウイルスのPCR検査を行っています。

(症状がなく陰性確認を希望される場合は自費でやっているクリニックが

ありますので、そちらをご利用ください。)

こどもは大人と違って様々は感染症で熱を出します。

その子の周りに発熱している子がいなければ

その発熱は新型コロナウイルスによる発熱ではないし、

家族もそのように対応していただければよいかと思います。

学校側に対しては

きちんとその旨を説明していただき、

「マスクをするので、教育の機会を奪わないでほしい」と

お願いしてみてはいかがでしょうか。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数