FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
夜間急病診療所。
昨日は夜間急病診療所の当番だったので、

クリニックを早仕舞いして

自宅でご飯を食べてからお仕事しに出かけました。

20時から23時の3時間で

診察した患者さんは6人。

僕が行く日は患者が少ないんですよね(^^).

一人4歳の女の子が階段から落ちて頭を打ったので

診てほしいと診察依頼がありました。

夜間急病診療所は内科・小児科なので、

外傷などの外科疾患は断ってもよいのですが、

小児外科医である僕はもちろん、すぐに来るように指示。

おでこに大きなたんこぶができていましたが、

現時点で本人は元気なのであまり心配のないこと、

でも24時間はしっかりと経過観察して

おかしな様子だったらすぐに救急車を呼ぶように指示して

帰宅させました。

お話を伺うと、

先に君津中央病院に電話をしたそうですが、

断られたと・・・。

うーん。

小児の外科疾患は夜間休日は他に診てくれるところがないので

断ってはいけないというルールがあるのですが、

守られていないようです・・・。

毎年若い医師は入れ替わりがありますので、

知らない人がいるのかもしれません。

僕が中央病院にいたころも同様のことがあり、

毎年年度始めの医局会で

当直中に小児の外科疾患の診察依頼があった場合は

絶対に断らないでくださいとお願いしてたのですけど

今は誰にお願いしたらよいのでしょう・・・?

何とかしましょう。


あ、それから、

昨日のクリニックに来てた人で

「先生が夜間急病診療所の時に薬をもらいに行けば

待たないですみますね」

と言っていた人がいましたが、

夜間急病診療所では基本的に1日分しかお薬を出せません。

それから夜間急病診療所に薬剤師はいないので

処方できる薬は本当に限られています。

特に小児に処方できる薬はわずかしかなく、

夜にもらっておいた方がよい薬なんて一つもありません。

お子さんが夜間急に嘔吐したor発熱した場合には、

一晩様子を見て

翌日に開業医を受診することをお勧めします。



スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数