FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
時間外選定療養費(その2)
10月からの君津中央病院の時間外選定療養費について

もう少し詳細なことが決まってきました。

現時点で、の話ですが、

1) 基本的には、夕方5時から朝8時まで(土日は1日中)に救急外来を受診し、

帰宅ができる中学生までの患者さんからは5400円をいただく。

2) 入院となった場合は、いかなる場合にもいただかない。

3) 生後3か月までのお子さんからはいただかない。

4) 平日午後5時以降と土日に開業医を受診し、開業医が必要と判断して

紹介状を持たせ、電話連絡した場合はいただかない。

5) 夜間急病診療所を受診し、そこで医師が必要と判断し、

紹介状を持たせ、電話連絡した場合はいただかない。


うーん。

どうやら夜間喘息発作が起きてしまった場合は

一度夜間急病診療所を受診して、

紹介状をもらえば5400円はかからない、となりそうです。

夜間急病診療所は夜8時から11時までですので、

あやしい場合は早めに受診してくださいね、ということですね。

当然ですが、

軽症、重症をその場で医師が判断すると、

トラブルの元になるので

基本的に帰宅できる場合には、

何も言わずに5400円をいただく、ということになりそうです。


個人的には

ある程度仕方のないことかと思うのですが、

これをやるからには

日曜日には必ず4市のどこかで

こどもをきちんと見てくれる休日診療所が

あることが必要かな、と思います。

今は4市がそれぞれ勝手に予定を組んでいるので、

こどもを診てくれるところが1つもない日がありますから。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: そこです!
コメント、誠にありがとうございます。

夜中に診てくれる病院がないというのは

とても不安ですよね・・・。

休日当番医で「小児科」と看板を出しているところでも

普段小児科をちゃんと診ていない先生だったりすると

相談しても「よくわからない」と言われてしまうこともあるようです。

あとは考え方なのだと思うのですが、

この地域は医師がとても少ない地域で

夜中も誰かに頼ろうとしてしまうと

頑張った先生が倒れてしまう可能性が高いのです。

そういう地域の親御さんは

自分たちの住んでいる地域の現状を正しく理解し、

「それならば、もっと勉強しなければ」と

勉強会を開いたりして、自分たちでこどもの病気のことを学ぶ、というのが

必要なんだと思うし、理想だと思います。

夜中にお子さんが入院が必要かもしれない状況になったとき、

「でも時間外選定療養費があるから行きにくいな」と思って

手遅れになることは、絶対にあってはいけません。

朝まで様子を見ていい状態なのか、

親御さんが判断することは、

少しだけ勉強していただければ決して難しい判断ではありません。

勉強会を開いてくだされば、

クリニックが休みの日はいつでもどこでも

お話をしに伺いますよ(^^)。

プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数