FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
10月から12月まで順番予約は休止。
大変好評いただいている順番予約システムですが、

最近、ちょっと困ったことが・・・。

先週から喘息の患者さんが激増しています。

ただ、喘息の患者さんが喘息の発作を起こしていると

親御さんが気づいていない場合がとても多いです。

そうすると、

本当はもっと早く診察してあげなければいけないお子さんも

順番予約で後から来院した患者さんを先に診察し、

その結果かなりお待たせしてから診察するという状況が

増えてきてしまいました。

明らかな喘息発作の場合、

「急患ですので、先に診察します」とご案内して

優先して診察しているのですが、

親御さんが気づいていおらず、

本人の呼吸状態も悪くない場合は

優先して診察することができませんので、

順番で診察して初めて

「喘息発作を起こしていますね~」ということになります。

これはいけません。


ということで

そういったことを解消するために

10月から12月までは

順番予約を休止し、

来院した順番で診察するシステムに変更いたします。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、

よろしくお願いします。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント、誠にありがとうございます。

順番予約システムは

大変好評をいただいているシステムであり、

だから当院を選んでくださる方もいらっしゃるようです。

しかしながら、正直申し上げて

これ以上患者さんが増えてしまうと

体力的に同じペースで続けるには限界なのです。

去年の11月は来院患者数が

1日平均100人を超えてしまいました。

「これ以上は無理なので、軽症の方は明日来てください」とお話しても

2時間以上お待ちになってから診察を希望される方もいます。

だからと言って、

「軽症患者さんは診察できません」とするのは

開業医の役割としておかしな話だと思います。

他に解決策があるとすれば、

当院かかりつけのお子さんの親御さんが

「風邪をひいたぐらいではかからない」

「明日休日だから、などの念のため受診はしない」

「発熱は3日目まで受診しない」

など結束して守っていただければ

これほどまでに患者数が増えることはないかと思うのですが、

現実的には、無理ですし、

それを強いるのもおかしな話かと思います。

本当に、本当に考え抜いて

苦渋の決断として10月から12月限定で

順番予約システムを休止といたしました。

何か良い方法がありましたら、

ご意見いただけたらと思います。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
いえ、自分主体の考えではなく、

お子さんのことを第一に考える親御さんの当然の考えだと思います。

そういった親御さんに声に少しでも応えたくて、

クリニックをつくって頑張ってきたのですが、

本当に申し訳ありません。

順番予約はできなくても、そういったご要望にお応えする手段がないか、

考えていきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント、誠にありがとうございます。

皆さんがよっしーさんみたいに

こどもの病気についての正しい知識と持って行動していただけると

とても助かるのですが、

現実はなかなかそういうわけにはいかないようです(^^;)。

喘息の患者さんが待合室で長時間待って辛い思いをすることがないよう、

頑張っていきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 喘息予防薬だけもらいたいときも?
コメント、ありがとうございます。

「お薬が欲しいだけなので、診察なしで薬だけもらえませんか?」

と時々ご質問があります。

これは「無診察治療」という明確な医師法違反にあたるため、

それを見た人がお役所に通報してしまうと

おそらく営業停止になってしまうのかと思います。

大変申し訳ありませんが、

そういう事態だけは避けなければいけませんので、

お薬だけの場合も順番で診察室に入ってお話しさせてください。

よろしくお願いします。

予約システム 休止について
いつもいつも山田先生には子供達そして父母共々お世話になっております。
保育園に通っているこどもが二人いますので、年中体調をくずし、1ヶ月に1回以上はお世話になっています^^;
またきたかこの親子・・・と先生には思われているかもしれません(笑)
いつも先生の分かりやすい説明と気さくさが本当に大好きで、
不安な親の心配心もささえていただいてるように思います。

予約システムの休止には大変驚きました。
正直、来月からは、お昼時間に人気のレストランに並ぶ意気込みで、受診に臨まなければなりませんね。

体調の悪い子供を連れて長時間並ぶか、子供を置いて診察券だけ出しに行くのか・・・今から万が一の日のために考えています。

私達患者にとって予約システムはとてもありがたいものですね。

どうか良い解決法がでて
また従来のように受診ができることを願っています。
Re: 予約システム 休止について
コメント、ありがとうございます。

クリニックによく来てくださるお子さんは

親御さんの顔と名前が一致するようになってきましたので、

おそらくyyママもそうなんでしょうね(^^)。


好評をいただいている順番予約システムを休止するという、

苦渋の決断をさせていただきました。

ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。

順番予約システムの欠点は

上位5人がなかなか来院されないと

その次の人に順番がくることを知らせるメールが届かず、

20人ぐらいネットで順番待ちをしているのに

クリニックには誰もいない、ということがあげられます。

当院みたいに予約が殺到してしまうクリニックでは

ある程度仕方のないことなのですが、

それで午後の予防接種外来まで診察がずれこむと

スタッフが休憩を取ることができなくなってしまいます。

インフルエンザ予防接種外来も始まって

ただでさえ昼休みを短くして頑張る10月からの3ヶ月は

このまま順番予約を続けていると

必ず僕を含めたスタッフの具合が悪くなり、

臨時休診が多くなってしまう、そんな気がしました。

近隣の開業医の先生方は

診療時間を短くすることで対応しているようですが、

やっぱり「夕方6時までにクリニックにくれば診てもらえる」という

安心感は大事なのかなと思いますので、それもできません。

「調子が悪い喘息の患者さんは全員先に診る」とすれば

喘息で苦しんでいるお子さんをお待たせすることはないのですが、

喘息発作じゃなくてただの風邪という喘息患者も大勢いるので

それもなんか違う気がします。

何かよい方法はないか、

これからも考え続けます。

今後ともよろしくお願いします。


プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数