FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
やまだこどもクリニック自己紹介。
やまだこどもクリニックは

小児科・小児外科を主にやっています。

小児科というのはみなさんよくご存じかと思いますが、

小児外科、って知っていますか?

読んで字のごとく、「こどもの外科」ですので、

外傷の治療、縫合、やけどの治療などは得意です。

骨折は治療できませんので、整形外科でお願いします。

さて、それ以外にもできる診療科目としては

小児泌尿器科

(こどものおちんちんのことはおまかせください)

小児婦人科

(女の子の陰部や卵巣の病気なども診療することができます)

耳鼻科

(中耳炎かどうかぐらいは診れます。耳垢がひどかったら耳鼻科をお勧めします。)

皮膚科

(こどもの皮膚のことは普通に診れます。1歳前の皮膚のことは小児科がお勧め)

なども診察することができますので、

お気軽にご相談ください。


それ以外に得意なところとしては

漢方治療

(小児の疾患が得意ですが、大人の病気も対応いたします)

夜尿症

(小学校に入って毎日夜尿があるようなら、治療しましょう)

片頭痛

(通常は漢方薬がよく効きます)

などもお気軽にご相談ください。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: いつもお世話になっております。
コメント、ありがとうございます。

耳の後ろのしこりは、一般的にはリンパ節です。

それ以外にも良性腫瘍の可能性はありますが、

まずは経過観察がお勧めです。

急に大きくなってきたり

感染を起こして赤く腫れてくるようなことがあれば

治療する必要があるかと思いますのでご相談ください。

よろしくお願いします。

Re: 電話相談後の報告です。
コメント、ありがとうございます。

電話連絡を受けて、

紫斑病の可能性が高いと考えましたので

中央病院を受診するよう、指示いたしました。

紫斑病は外来で様子を見ると

今回のように悪化することがありますし、

中央病院の小児科部長は

血液疾患の専門家ですからね。

ようやく山を越えて

回復に向かっているとのこと。

よかったですね(^^)。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。

片頭痛で漢方薬治療を希望される場合、

受付にそのようにお伝えください。

当院は成人のみの場合、診療をお断りしていますが、

漢方治療を希望される場合は例外としてOKしています。

成人の片頭痛もまず漢方治療がお勧めですので

よろしかったらご相談ください。

よろしくお願いします。

プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数