FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
だいぶ落ち着きました。
今週も1週間が終わりました。

今週はだいぶ患者数が落ち着いた感じがします。

おたふく、溶連菌はちらほらでていますが、

大流行という感じではないですね。


ご存知の方も多いかと思いますが、

先週、埼玉県吉川市で

16人いた校医のうち10人が一斉に辞任したという

報道がありました。

今年の4月から運動器検診というものが学校検診に追加され、

これまでの検診と比較して

大幅に時間がかかることが見込まれましたので、

そのせいだったのでしょうか?


僕も校医をやっていますが、

校医というものはある日突然お願いされます。

基本的には内科医、小児科医が請け負っています。

特に事前に指導などはなく、

学校から日程の打ち合わせがあり、

その日に行って、養護の先生と簡単な打ち合わせをしてから行います。

運動器検診というのは、小中学校のお子さんがいる親御さんは

ご存知だと思いますが、

事前に問診票のようなものが配られ、

お子さんの体でどこか気になるところ、動きがおかしいところがないか、

親御さんが気になるところを記入します。

それをもとに、担任、養護教諭が校医に

見せるべき内容なのかをチェックし、

必要に応じて学校検診の時に校医がチェックします。

僕が行った学校では

思いの外事前のチェック機能が働いて

検診はそれほど余計に時間がかかるという印象はありませんでした。

ただ、校医が受け持っている人数って

本当にばらばら。

木更津市は現在27人の校医がいますが、

少ない人は100人未満、多い人は900人以上の児童、生徒を

受け持っています。

(ちなみに僕は、今年度は4校、562人。)

医師の年齢は十分に加味するべき要素ではありますが、

もう少し、人数調整したほうがよいのじゃないかなあ、

などと思っています。

僕は今年は学校検診は5回あり、

休診日だけではさばききれないので、

5月31日午後は休診にして学校検診に行きます。

よろしくお願いします。



スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 溶蓮菌後の尿検査について
コメント、ありがとうございます。

溶連菌後の尿検査については、確認の意味合いが強いかと思います。

溶連菌による急性糸球体腎炎にかかった場合は

尿検査などしなくても、自宅でお子さんの様子がおかしくなるのがわかります。

(むくんでくるとか、血尿が出るとか。)

当院では1回目はお勧めしていますが、2回目以降はお勧めしていません。

耳鼻科のあとに小児科を受診するべきかどうかは、

親御さんの判断になるかと思います。

(のどが痛い、鼻水が出るなどの症状はすべて小児科で対応できるので、

今日なぜ耳鼻科を受診したのか、その理由によるかと思います。

耳鼻科と小児科で、そういった症状の治し方が異なるのはご存知かと思います。)

よろしくお願いします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数