FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
登園許可証、必要ですか?
今週も1週間が終わりました。

発熱するお子さんが多かったのですが、

溶連菌8人、アデノウイルス3人という感じです。

アデノウイルスはこれから流行してくるのでしょうか。

アデノウイルスは何もしなくても治る病気ですが、

目が赤くない非典型例が多いので、

人にうつしてしまうのが心配な人は受診してください。


さて、溶連菌、感染性胃腸炎など

治ってから登園を再開するのに

登園許可証を要求するところが少なからずあります。

登園許可証を要求する施設の人々は

本当にそれが必要と思っているのでしょうか?

たとえば溶連菌は抗生剤を内服して24時間以上経過し、

熱が下がれば登園OKです。

それはこどもを扱う仕事に従事している人なら

誰でも知っていなければならないことですし、

熱がさがったかどうかは

親御さんの言っていることを信用するしかありません。

感染性胃腸炎も

嘔吐、下痢が改善していれば登園できますが、

それも親御さんの言っていることを信用するしかありません。

つまり、登園許可証というのは

親御さんが話した内容をそのまま書いているだけとも言えます。

そんなの、保育園で確認すればよいだけなのでは

ないでしょうか?

登園許可証をもらいに元気なお子さんがクリニックにくれば

また別の感染症をもらってしまうリスクもあります。

ごく一部の非常識な親御さんが

感染力の高い状態を維持しているお子さんを

保育園につれてきてしまうことを防ぐために

登園許可証をとるようにしているのであれば

それは全くナンセンスだと思います。

みなさん、どう思いますか?


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

毎回楽しみに拝見させていただいています。
登園許可書、治癒証明書が必要かどうかは本当に微妙なところで悩みます。
施設側の立場からは、それらが出たところでお子さんを預かってから熱、下痢、嘔吐があればまだ完璧ではないじゃないかということにもなります。
なので保護者へ、他のお子さんにうつさないように、少しゆっくりと休ませてあげてという意識付けに使わせてもらっている部分も少なからずあります。
胃腸炎も、検査をしないとどんな菌なのかわからないし、「お腹の風邪って言われました」と翌日登園する方はたくさんいます。
木更津のほとんどの保育園は、最後の嘔吐から24時間経って、回復していれば登園オッケーとか普通便が出てから登園ということになっているかと思います。
保護者の中には熱がなければ大丈夫という考えの方もいます。
施設側としては預かりたくないわけでも拒否するわけでもありません。お母さんが仕事を休みずらいのもわかります。
ただお子さんがまだ辛いのにお母さんと離れ、1日頑張って過ごごさなくてはいけないのもかわいそうです。
ましてや幼稚園、保育園に行く小さいお子さんに無理をさせては、、、
小学校、中学校には書類の提出は必要ないものです。やはり小さいから、悪化しないように長引かないように、回復してから元気な姿で来てもらいたいです。
保護者の立場からは、そんな書類、治ったのにまたわざわざ病院にいって、面倒だなと思います。しっかり治ってから登園しますよー!!と思います。
しかし、残念ながら、体調が回復していないのに預ける保護者はたくさんいます。「ただの風邪でした」と預ける方もいます。保護者の方を疑うわけではありませんが、だからこそ保護者の方にも、他の子にうつしてしまうかもという意識をもっと持っていただきたい。保育園には赤ちゃんもいます。熱性けいれんを持っているお子さんもいます。もう少し周りに目を向けてもらえたらなと思います。
いろいろなお医者様がいらっしゃいますが、登園の目安をしっかり伝えていただけるとありがたいです。もちろん施設側からもしっかりお話はしているんですけどね、、、
長々とすみますみません。
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。

登園許可証というものを取りに行かせることで

ほかの子にうつる病気なんだという意識づけになるのかどうかは

僕にはわかりません。

個人の感覚としては

インフルエンザや溶連菌など

登園停止の疾患で、登園できる基準が明確なものは

やはり登園許可証は不要と考えます。

医療従事者としては、今後も

お子さんが感染症にかかってしまった場合には

人にうつす病気なんだということをしっかりとお伝えし、

登園の目安をお伝えし続けることしかありません。

今後ともよろしくお願いします。

No title
以前、とびひで登園を禁止され、登園許可書の提出を求められました。
皮膚科で、とびひは常在菌でおこるもので、登園を禁止する必要はないのに・・と言われ、登園許可書ってなんなんだろう。。って思いました。(こう言われたのは症状がさほどひどくなかったからかもしれませんが。)
そのときは書類に振り回されている園にがっかりしました。
元気いっぱいだし長く休暇は取らなきゃならないし・・
但し書きはあるけど第三種学校伝染病に入っているからと・・
看護師さんもちゃんと居るのに、内容も考えてほしいものです。

インフルエンザなどはほんと明確だから、不要ですよね。
何日か数えればよいだけだし。
こういった議論で少しでもよい方向になると良いですね。
Re: No title
コメント、ありがとうございます。

とびひは登園許可症は不要です。

私立の幼稚園だとその当たりは理事長が自由にできるので

必要だと言われれば必要となります。

議論をして少しよい方向に話がいくとよいのですが、

結局のところ、「常識のない親御さんをどうわかってもらえるか」

に尽きるような気がします。

プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数