FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
日本脳炎は生後6ヵ月から接種できます。
今週も1週間が終わりました。

今週初めて

当院でインフルエンザA型が出ました!

そのお子さんの周りにもいない状況なので

まだ流行しているとは言えませんが、

今後は要注意ですね。

インフルエンザの検査は

熱が出てからある程度時間が経たないと

正確な結果が出ません。

クリニックによって検査キットの感度の差はありますが、

当院の検査キットでは

熱が38度を超えてから3時間以上経過したら

正確に出る場合が多い気がしています。

インフルエンザ検査を希望される場合は

発熱後の時間に注意して来院してください。


インフルエンザ予防接種は

12歳までは4週間隔で2回接種する必要があります。

12月いっぱいでインフルエンザ予防接種は終了となりますので

まだ1回も接種されていないお子さんで

これから接種しようという方は

11月中に必ず1回目の接種を済ませてください。


日本脳炎ワクチンは1日量を制限したためか、

昨日も今日も殺到することはなく、

ゆっくり来院しても余っている状態でした。

あまりご存じない方が多いのですが、

日本脳炎ワクチンは生後6ヵ月から接種できます。

お持ちの予診票には3歳からと書いてありますが、

その予診票で生後6ヵ月から接種できます。

3歳以上は1回0.5ml、3歳未満は1回0.25mlと

1回量が少ないのですが、

抗体のつき具合に差が出ることはないようです。

早く接種するデメリットは特に思い当たりません。

接種間隔は1回接種したら4週後に1回、1年後に1回と

3歳で接種した時と同様であり、

4回目は9歳となります。

日本脳炎は蚊が媒介する病気なので

夏までに2回接種するのがよいかと思います。

時々「3歳未満の日本脳炎があります」というLINE@は

0.25mlが余っているという意味ですね。

翌日には破棄してしまうので

タイミングが合う場合は

予診票を持って来院して接種してくださいね。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数