FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
溶連菌流行中。
今週も1週間が終わりました。

溶連菌、大流行ですね。

今週1週間で28人、出ました。

手足口病やりんご病もちらほら出てきました。

夏の感染症が本番を迎えようとしていますね(^^;)。

手足口病やりんご病は

薬で治す病気ではないので

急いで診断する必要はないかと思いますが、

溶連菌だけは、抗生剤を飲んで治す病気ですので

発熱、咽頭痛を訴えた場合は

早めに溶連菌の検査をしましょう。


先月から弱視の検査を開始して

すでに100人以上のお子さんに検査をしましたが、

一人、弱視疑いのお子さんがいて

中央病院に紹介しました。

自宅で気づくことが難しく、

6歳までに治療すれば治る可能性が高い病気です。

当院で乳児健診を予約されている方には

6ヵ月以上であれば健診検査として弱視の検査を行っています。

一度検査して弱視がなければ

今後弱視になる可能性はないので再検査する必要はありません。

ご希望の方は1回200円で検査をしていますので

診察時間帯にクリニックにいらしてください。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
溶連菌の検査をする必要があるのか、ということになるかと思います。

下のお子さんに何も症状がなければ

検査をしても何も出ない可能性があり、

今日他院を受診しても検査をしてくれない可能性があります。

ただ、溶連菌であるのであれば

きちんと抗生剤を内服した方がよいかと思います。

溶連菌だったお子さんが何も抗生剤を飲まずに治癒した場合、

溶連菌感染症後急性糸球体腎炎になる可能性は

それほど高くないのかと思いますが、

はっきりしたデータがないので、なんともいえません。

検査をしても溶連菌が出ない場合は

抗生剤を内服する必要はないかと思います。

よろしくお願いします。

プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数