FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
「RSウイルスが流行しています」・・・は?
「今保育園でRSウイルスが流行しています」と耳にする度に

がっかりしてしまいます。

RSウイルスは風邪のウイルスです。

この時期風邪のお子さんに片っ端から検査をすると

おそらく半分ぐらいのお子さんからはでるはずです。

じゃあ、なぜ検査ができるのかというと

1歳前のお子さんで重篤な乳児喘息である「細気管支炎」の

原因になることがあるからです。

乳児喘息の補助診断として検査をするわけですね。

そのため、1歳を過ぎると保険が効かず、

当院では1歳を過ぎて検査を希望された場合は

自費診療として検査をしています。

RSウイルスはわかったところで薬がないため

乳児喘息を疑わないお子さんに検査をする意味がありません。

きちんと説明を受けていない親御さんは

お子さんからRSウイルスが検出されると

「なにか重篤な病気になってしまった」と勘違いし、

不安になってしまいます。

乳児喘息を疑わないお子さんに検査をする医師が

きちんと説明できるはずがありませんからね。

保育園の方々も

「風邪が流行しています」といちいち言わないように

「RSウイルスが流行しています」と言うことは

よく意味がわからない親御さんの不安を煽るだけなので

言わないようにしてください。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。

保育士さんにはいろいろとありますが

多くの場合は保育園の方針に従い、

親御さんに声をかけているに過ぎないと思います。

「溶連菌は治癒しているかどうか再検査をしてください」

「治癒証明を提出してください」

「アデノが流行しているので検査をしてきてください」

いずれも保育士が発言するのはいろんな意味で間違いな言葉です。

保育士さんがこどものためを思い、

自分が発している言葉が本当に正しいのか、

わかっていないで発している場合は

きちんと勉強していただきたいと思います。

保育士は医師ではありません。

様々な検査をするか判断するのは医師です。

それを考えるだけでも

どのように親御さんに声をかければよいか、

わかるのではないかと思います。

保育園で流行を防ぐのは大事な仕事かと思いますが、

不確かな知識でむやみに親御さんに

医師のように指示を出すのはよくないと思います。

よろしくお願いします。

ちなみに上の3つのことに対して保育士が親御さんに声かけする言葉は

「溶連菌でしたら5日間はお薬をきちんと飲めましたか?」

「インフルエンザでしたか。いつ解熱しましたか?」

「アデノが流行しているとかかりつけ医にお伝えください」

です。
プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数