FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
こどもの病気はまず小児科へ。
今週も1週間が終わりました。

今週は溶連菌が12人と

また少し溶連菌の患者さんが増えてきた感じです。

水ぼうそう1人、リンゴ病も1人でました。

連日インフルエンザ予防接種を希望される患者さんが多く、

100人を超えない日が珍しくなってきています。

比較的午前中は空いている傾向がありますが、

かなり日によってばらつきがある感じです(^^;)。


さて、お子さんが耳を痛がったり、

体に発疹がでてきたら、どこに連れて行きますか?

もちろん、信頼できる耳鼻科医や皮膚科に診てもらうのも

ありだとは思いますが、

迷うような場合は

まず当院のような小児科医にご相談ください。

多くの場合はなんとかなります(^^)。

鼓膜の確認をする際に大きな耳垢があると

耳垢をとる器具は当院にはないので

そういう場合は耳鼻科に行っていただくことになり、

二度手間になる可能性はあります。

また抗生剤がうまく奏功しないような

難治性の中耳炎も

鼓膜切開の必要性を判断してもらうのに

耳鼻科に診てもらった方がよいと思いますが、

そうではない普通の中耳炎の治療はできますし、

皮膚のことに関しては

よほどのことではない限り、小児科医が治すことができます。

僕は小児外科医ですので、

外科疾患も一通り診ることができます。

(縫合が必要な怪我とか熱傷とか肘が抜けたとかですね。)

何でもご相談ください(^^)。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 後頭部をぶつけた
コメントありがとうございます。

一般的な話になりますが、頭の中に出血を生じるような頭部打撲では

頭の骨が折れていることが多いとされています。

頭の骨が折れると直径5cm以上のぶよぶよしたたんこぶができますので、

そういうたんこぶができていたら、すぐに救急車を呼んでください。

もちろん、例外的に頭の骨が折れていなくても

頭の中が出血していることがあります。

その場合はぶつけてから24時間以内に痙攣などの症状が出ますので、

頭を強くぶつけたお子さんには24時間はしっかりと様子をみるよう指導しています。

24時間以上何事もなく経過した場合は

その打撲による頭の中の出血は回避されたと判断します。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数