FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
インフルエンザ大流行中!
今週も1週間が終わりました。

相変わらず、インフルエンザが大流行しています。

今週は77人、でました。

全員A型です。

で、溶連菌も7人、出ています。

家族にインフルエンザがいて、発熱した場合、

当然インフルエンザの可能性が高いのですが、

だからといって検査陰性でもタミフルを飲む、というのは

いささか乱暴のような気がします。

先週の当番医で

インフルエンザ検査陰性でもタミフルを処方され、

その後熱が下がらないと当院を受診して、

溶連菌が出たお子さんがいました。

今年度から10歳以上のお子さんにもタミフルが処方できるようになり、

安全性に関しては問題ないような感じになっていますが、

やはり他の薬と比較して嘔吐の副作用がでる頻度は高いと思います。

他院でタミフルを処方され、

薬を飲む度に嘔吐するからと当院を受診し、

「それはタミフルの副作用です」と説明したら

びっくりした親御さんがいました。

タミフルなどのインフルエンザの薬は

熱が下がる時間を少し早くしてくれるだけです。

タミフルを飲まなくても、インフルエンザは必ず治ります。

副作用がでたと感じたら

直ちに内服を中止してください。




熱が38度にならないインフルエンザというものはありますが、

その頻度はとても少なく、

37度台で検査をすることにあまり意味はありません。

インフルエンザの検査は1ヵ月に2回しかできませんので、

37度台で検査をするようになると

本当にインフルエンザで発熱したときに

検査ができなくなってしまうことがあります。

保育園関係者はそのあたりをご理解いただき、

37度台で検査に行くことをお子さんに勧めることがないよう、

ご協力をお願いします。




スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タミフルについて
通常、こどもに処方する薬は

倍量飲んでも何も起きません。

そのまま様子を見てください。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: インフルエンザについて
インフルエンザは感染力が強い風邪なので

診断がついても薬を使う必要はありませんし

元気になれば通院する必要はありません。

(風邪ならば薬を使わなくても治りますよね?)

ただ本当にインフルエンザなのでしょうか?

当院で本日インフルエンザではなくて高熱が出ている人が

何人も出ています。

薬を使っても明日検査すれば

インフルエンザであれば

ちゃんと出る可能性が高いと思います。

よろしくお願いします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。

今年のインフルエンザは過去に例を見ない大流行です。

診察時間帯にいつでも待合室にインフルエンザの患者さんが

待機してる状態になっています。

BCG、4種混合、日本脳炎はいずれも急いでやる必要はありませんので、

落ち着くまで待った方がよいと思います。

当院では6ヵ月のお子さんは予約でも接種できますし、

3歳のお子さんも6ヵ月のお子さんと一緒でしたら

予約を取ることも可能です。

ただ予約は大変混み合っておりまして、

すでに3月までは予約がとれない状態となっています。

4月以降でよろしければ、電話で予約を入れてください。

よろしくお願いします。

インフルエンザ頭痛
こんばんは。
7才娘がインフルエンザ格闘中です。
もし見ていただけたら幸いです。ゾフルーサを昨日飲み頭が痛いとずっと言っています。カロナールを1回のませたら大声をあげ訳わからない事を言いました。心配でたまりません。またカロナールをあげた方がよいか教えていただけないでしょうか。
Re: インフルエンザ頭痛
7才のお子さんが

発熱時に大声をあげて訳のわからないことを言っている場合、

熱せん妄の可能性が高いと思います。

まずは様子を見ましょう。

カロナールは頭が痛いようなら

また使っても問題ないと思います。

よろしくお願いします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数