FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
おたふくワクチン、接種していますか?
今週も1週間が終わりました。

今週はインフルエンザA型12人、B型1人でました。

溶連菌も9人出ています。

インフルエンザの流行は下火になりつつありますが、

まだ流行している場所があるようですので、

うがい、手洗いを励行して

予防に努めましょう。


おたふくかぜの予防接種をしていますか?

まだ「おたふくはかかった方がよい」と

思っている人がいるようですが、大間違いです!

おたふくは自然感染してしまった場合、

0.1-0.5%の頻度で難聴になります。

難聴は通常片耳が軽度になるだけで

気づかないお子さんも大勢いるかと思います。

おたふくにかかったことあるお子さんで

難聴になる場合は通常かかってから1ヵ月以内になります。

難聴になっているのかどうか、簡単な検査方法として

「指擦り法」があります。

お子さんのうしろから、自分の指を擦りながら近づき、

擦っている指をお子さんの耳に近づけて

聞こえたら手を上げてもらう方法です。

ただ、難聴があるとわかっても

現代医学ではその難聴を治す方法がないのです。

難聴以外にも、精巣炎、卵巣炎などで不妊症になる可能性もあります。

おたふくは不顕性感染といって、

かかったことがあるのに症状がでなかった場合もありますが、

お子さんが一度もおたふくにかかったことがない場合は

1歳を過ぎていればいつでも接種できますので、

早めに接種しましょう。

通常は1歳で1回、年長さんで1回接種し、

結婚前にもう一度接種し直します。

ワクチンで予防できる病気は

どうか予防してあげてください。

よろしくお願いします。


明日3月4日(月)午後は

都合により臨時休診となります。

午前中は通常通り診察しますので、

よろしくお願いします。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
整腸剤は下痢を改善する作用はあまりなく、

当院では下痢をしているお子さんに勧めていません。

下痢を早く治したいなら漢方薬ですが、

1日1回の下痢で腹痛が排便時以外でなく、

食欲があるなら、まず1週間は様子を見てよいと思います。

1週間以上経過して全く改善する兆候がなけれ

一度ご相談ください。

よろしくお願い申し上げます。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
赤ちゃん(9ヶ月)の体温について
ブログ内容と関係のない質問で申し訳ありません。

最近子どもの体温を測ると、1度目は37.6、微熱なのかな?と思い立て続けに測り直すと37.0など下がることがよくあります。これはどちらの体温を信じるべきでしょうか?
1度目の体温が本当の場合、2週間ほど微熱が続いていることになります。その場合、何か病気が隠れているのでは?と心配になります。本人はいたって元気です。
Re: 赤ちゃん(9ヶ月)の体温について
体温計は電子体温計でしょうか?

そうであれば、0.2-0.3度の誤差はでるものであり、

2回測定すれば0.5度の誤差が出ることは普通だといえます。

正しい体温を知りたいなら水銀の体温計がよいと思いますが、

それが難しいようであれば、

電子体温計で3回目、4回目と測定して平均を取るのがよいかと思います。

1歳までのお子さんは37.9度までは平熱です。

そのぐらいの熱であれば何も問題ありませんので、

経過観察してください。

よろしくお願いします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 予防接種について
アレルギー反応が出やすい時期に

あえて副作用のリスクがある予防接種をすることはない、という

意味なのかなと思います。

個人的には花粉症のあるお子さんが

花粉症の時期に予防接種をして具合が悪くなったという経験がないので

なんともいえませんが、

麻疹風疹ワクチンなど、早めに接種した方がよい予防接種は

花粉症の時期でも接種した方がメリットが大きいと考えます。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
疲れやストレスから下痢になったり蕁麻疹がでることは

それほど珍しいことではありません。

体調を整えてあげることが第一かと思います。

よろしくお願いします。

プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数