FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
子宮頸がん、正しく知っていますか?
先日、産婦人科の先生の子宮頸がんの講演会があり、

いろいろと勉強になりました。

現在、科学的に正しいことを箇条書きに書きます。


・日本で毎年1万人の女性がかかり、3000人が死亡している。

・発症のピークは25歳から44歳と他のがんと比較して若い。

・胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんは最近死亡率が低下してきているのに

子宮頸がん、乳がんは増加してきている。

・毎年20~30代で約200人(2016年は171人)、

44歳以下で約400人(2016年は356人)が死亡している。

・1万人がかかり、3000人が死亡していると言うことは

かかったとしても7000人は助かっているが、

治療により妊娠ができなくなったり、排尿障害が起きたりと

様々な合併症が生じている人が多い。

・HPV(ヒトパピローマウイルス)は100種類以上あるが、

16型と18型が高いリスク型である。

・子宮頸がんに罹患した20代の90%、30代の70%は

HPVの16型、18型が原因でなっている。

・HPVは感染しても90%は自然排出するが、

10%は持続感染し、0.1-0.3%がん化する。

・HPVは子宮頸がんの他、中咽頭がん、外陰部がん、膣がん、陰茎がん、

肛門がんの原因にもなることが知られている。

・子宮頸がん検診で行う細胞診で、本当はがんがあっても

20-30%程度は見落とされている。

・HPVワクチン後の副反応と思われる症状が回復していない割合は

10万人あたり5人程度である。

この割合は、2018年に出された名古屋スタディーやコクランレビューで

同年代のワクチンを接種していない女性が発症している症状の割合と比較して

有意差はない。

・HPVワクチンが子宮頸がんの予防になることは

ここ10年の20代女性の子宮頸がん発症率が

低下してきていることからも明らかである。

(今の20代は接種している女性が多いため。)

・HPVワクチンは他のワクチン同様、

個人免疫(予防接種をしてるからがんにならない)以外にも

集団免疫(予防接種をしていない人もがんにならない)もあることが明らかとなり、

自分のためだけのワクチンではない。

・HPVは1回でも性交渉を行ってしまうと感染している恐れがある。

HPVワクチンはHPVに感染している女性には効果がないため、

性交渉の経験がある女性には効果がない可能性がある。

・現在の高校3年生女子のHPVワクチン接種率は1%以下であり、

10年後、15年後この年代が、その前の年代と比較して

子宮頸がんが突出して多く発症してしまうことは避けられない。

・現在、国はHPVワクチンの積極的勧奨は控えているが、

市役所に予診票を取りに行けば、小6から高1までは無料で接種できる。


現在子宮頸がんワクチン後の副反応と思われる症状で苦しんでいる方には

その症状の原因が何であっても

1日も早く回復することを願っています。

子宮頸がんのこと、正しく理解してください。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。

初診時に特に用意するものはありませんが、

まず受診する前にやっていただきたいことがあります。

夕食後には水分制限をしっかりやる、ということです。

学校から帰ってきたらなるべく水分は飲まない、

夕食時の水もコップ1杯のみにする、

夕食後は入浴後も含めて全く水を飲まないようにしてみてください。

それがしっかりとできないようであれば

夜尿症の治療は難しいかと思います。

夕食後から寝るまで2時間以上あきますか?

人間は水を飲むと3時間後に尿となってでるため、

少なくとも19時までに夕食を食べ終わり、

21時までには寝るようにしないと、治療ができません。

親御さんがお仕事をしていて、

夕食の終了時間が19時より早くならない方も多くいらっしゃしますが、

その場合もなかなか治療は難しくなってしまいます。

まずしっかりと夕食後の水分制限ができるようになり、

夕食後から寝るまで2時間以上あき、

それでも夜尿が改善しなければ来院して治療をする、で遅くないかと思います。

よろしくお願いします。
仕事上の都合で夕飯は19時半前、20時半には早いと眠ってしまいます。
帰ってきて水分とることはありますが、夕食時はコップ一杯で頑張っています。

水分制限が難しい場合は今後どうなっていくのでしょうか?成長と共に膀胱も大きくなり治って行きますか?
水分を取らない=でない
水分を取った=でてしまう
という日々が続いていく感じでしょうか?
出ない日が続けば水分とっても大丈夫な身体になっていくのでしょうか?

おしっこでちゃうから飲んじゃダメだよ!とあまり厳しくいうとさらに本人が可哀想で、傷つきませんか?
これから夏場になると水分もすごく欲しがります。どうしたらいいのかがわからないままここまできています。
Re: タイトルなし
寝る前2時間以上水を飲まないということが現実的にできないのであれば

水分制限をする必要はありません。

夜尿症は何もしなくても毎年15%程度のお子さんが治り、

中学3年生まで続くのは1%程度と言われています。

治療をする膀胱容量が増えたり、抗利尿ホルモンが出るようになって

水分制限をしなくても早く夜尿がなくなります。

(現代医学でもなぜ治療をすると早く治るのか、解明されていません。

ですが、治療をすると早く治るお子さんが多いのが事実です。)

お仕事の都合で夕食が遅い場合は夜尿の治療はできませんが、

必ず自然治癒しますので、あせらず、水分制限をせずに様子をみましょう。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 鼻炎
アレルギー性鼻炎でも風邪の鼻づまりでも

普通に診察、投薬ができます。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
右目の腫れ
いつもお世話になっております。
また、色々な情報をありがとうございます。

生後4ヵ月の息子が昨夜遅くから今朝にかけて右目の瞼が赤く腫れていたのですが、今朝起きてから少ししたら治まりました。
が、引き続き涙目で、先程からまた少し腫れてきました。

明日そちらを受診しようと思うのですが、もしかしたら眼科の方がいいのでしょうか?
アドバイスいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
Re: 右目の腫れ
本日投稿したブログにも記載しましたが、

目の病気で眼科を受診するか、小児科を受診するのは

親御さんの判断になります。

小児科を受診して9割は治療できますが、

どうしても難しい場合には眼科受診を勧めることもあります。

お子さんの場合、改善傾向があるなら、

特に何もせずに様子をみてもよいかと思いますが、

受診された場合は抗生剤入りの点眼薬を処方することになるかと思います。

よろしくお願いします。
Re:右目の腫れ
本日の投稿を見る前にコメント送ってしまいました…申し訳ありません。

腫れたり引いたりなので、明日まで様子を見て受診を決めます。
ありがとうございました。
プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数