FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
年長さんで3種混合の追加接種をしましょう。
今週も1週間が終わりました。

GWが終わり、感染症は少し落ち着いた感じです。

今週はインフルエンザは一人も出ませんでした。

溶連菌は5人出ています。


さて、予防接種の話を少し。

世間で麻疹、風疹が流行している、なんてよく報道されますが、

小さいこどもは麻疹も風疹も1歳と年長さんで予防接種をするので

ほとんど関係のないお話です。

それよりもこどもの世界で流行して問題になっている感染症が

「百日咳」です。

特徴的な咳が長引く病気なのですが、

ご存じの通り、百日咳は4種混合に入っているので

普通は大丈夫です。

ただ、4種混合は不活化ワクチンなので4回も接種しますが、

最後に接種をするのは通常1歳半であり、

それでは小学校に入る頃には抗体価が下がってしまい、

感染してしまうお子さんがでている状況なのです。

それを危惧した小児科学会は

年長さんで3種混合を追加接種することを推奨しています。


「え、なんで4種混合じゃなくて3種混合?」と思いますが、

4種混合は5回目の接種が認められていないから、です。

そうすると、3種混合にはいってなくて、4種混合にはいっている、

「不活化ポリオワクチン」も年長さんで接種が推奨されています。

任意接種となるため有料となってしまいますが、

年長さん以降、いつでも接種できますので、

是非、検討してください。

よろしくお願いします。




スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

3種混合でも4種混合でも

小学1年生の段階で抗体価が下がっているお子さんが

少なからずいる、という言い方になります。

(つまり、全く予防できないお子さんがいるのです。)

欧米諸国では確実に百日咳を予防するため

年長さんの頃に追加接種を行うのが通常です。

日本は予防接種後進国であるため

いずれ年長さんでも定期接種になるはずなのですが、

まだ、おたふくワクチンでさえ任意接種であり、

必要性は明らかであるにも関わらず、

定期接種になるのはまだまだ先の話です。

任意接種となりますが、

確実に百日咳を予防するため、

小学1年生でも3種混合は接種した方がよいと思います。

是非、ご検討ください。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お世話になりました
ご連絡、ありがとうございます。

無事に転院の運びとなり、ホッとしています。

とりあえず、治療は続くことになるかと思いますが、

しっかりと治してもらいましょう!

頑張ってください!

滲出性中耳炎について
当記事に関係のない内容となってしまいますが…

うちの息子は滲出性中耳炎になりやすいようなのですが、鼻水が止まらず、耳を頻繁に構っているので、また再発している可能性があります。微熱程度なので診察してもらうべきか悩んでいるのですが、どうするべきでしょうか?
Re: 滲出性中耳炎について
滲出性中耳炎の場合、耳鼻科管理が基本となります。

心配であれば耳鼻科受診をすべきかと思います。

なかなか風邪の鼻水を止める薬というのはなく、

個人的には漢方薬しかないと思います。

漢方薬の鼻水止めは美味しくないので

飲ませるのはとても大変ですが、

よろしかったらご検討ください。

よろしくお願いします。

三種混合について
ブログにある三種混合についてですが
今小二の娘は1歳までに三種混合をうけております。(4種混合ではなかった時代のため)
その子も、三種混合を今時期に受けておいて大丈夫ですか?

またそちらで接種する場合、おいくらになりますか?


Re: 三種混合について
1歳まで3種混合を受けたお子さんも

年長さん以降、3種混合ワクチンを追加することをお勧めしています。

値段は5600円です。

(10月以降は値上げする予定です。)

よろしくお願いします。

プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数