FC2ブログ
2020/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
まだまだ胃腸炎が流行しています。
今週も1週間が終わりました。

今週から梅雨入りしましたね。

雨のときは確実に患者さんが減りますので、

今週は比較的空いている1週間でした。

感染症は溶連菌が9人、水痘が1人でました。

春から流行している胃腸炎が

まだまだ流行していますので

うがい手洗いを励行して予防に努めましょう。


さて、お子さんが下痢したときに

よく保育園や幼稚園などから

「病院にかかってください」と言われることがあるかと思います。

しかし。

下痢だけで食欲がまあまああるお子さんに

医者は基本的に何もしてあげられません。

下痢は多くの場合、感染性胃腸炎である可能性が高いので

下痢止めを処方することはできません。

整腸剤という薬は整腸剤なので

下痢を直ちに止めることはありません。

基本的には嵐が去るのを待つ病気なのです。

ではなぜ「病院にかかってください」といわれるのか?

それは病院で「感染性胃腸炎の可能性があります」との

診断をもらい、休んでくださいという意味と考えてください。

実は、下痢をしているお子さんが、本当に感染性胃腸炎の下痢なのか、

医者は判断することはできません。

ノロやロタウイルスの検査はできますが、

それ以外のウイルスでも胃腸炎を起こすものはたくさんあり、

検査をしても判断することはできないのです。

ですが、現在のように感染性胃腸炎が流行している時期に

下痢が始まったお子さんを診察すれば当然、

「感染性胃腸炎ですね」と説明せざるを得ません。

お子さんが下痢をした場合、

まずは他人にうつしてしまう可能性があると考えて

保育園は休ませましょう。

1週間以上下痢が続いて改善傾向がない場合は

感染性胃腸炎ではなくなった可能性がありますので、

一度ご相談ください。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
水様便ですが、整腸剤を飲んでも飲まなくても結果は一緒です。

あまりにもひどい場合には、漢方薬をお尻から注入すると

少しよくなる可能性があります。

胃腸炎で下痢をしているお子さんの目が赤くなっている場合、

アデノウイルス感染症で下痢をしているのかもしれません。

ご希望があれば検査ができますが、

わかったところで特にお薬があるわけではないので

自宅で様子を見てもよいかもしれません。

下痢だけ、嘔吐だけの胃腸炎もよくみられます。


よろしくお願いします。

くわしくありがとうございます。

目の充血が気になるのですが、どのくらい充血が続いた場合、もしくはどのような症状になった場合、受診した方が良いのでしょうか?

また、目の場合、小児科と眼科、どちらにかかった方が良いのでしょうか?
Re: タイトルなし
目の充血が痛み、かゆみなどを症状を伴う場合は

点眼薬を使用した方がよいと思いますので早めに受診しましょう。

特に症状がなければ自然の経過で治りますので

様子を見てください。

子どもが目の症状を訴えた場合、

眼科でなければ診断、治療できないことは少ないです。

小児科でもほとんど対応ができてしまうので、

眼科、小児科のどちらでも大丈夫です。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 鼻水について
鼻汁が続いた場合、なかなかよい方法がありません。

アレルギー性鼻炎であればアレルギーの薬が効きますが、

多くの場合は風邪の鼻汁であり、

風邪の鼻汁を耳鼻科医は止める方法を持っていません。

風邪の鼻汁を止める方法は漢方薬を飲むしかないかなと思います。

風邪の鼻汁は基本的には放置しておけば必ず治りますが、

そうはいっても1年中鼻汁をたらしているお子さんもいますので

美味しくない薬を飲ませてでも早く治したくなったら

受診してください。

中耳炎が心配であれば、小児科あるいは耳鼻科を受診しましょう。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
排便がないのであれば

幼稚園にいかせても問題ないかと思います。

それで、下痢をしてしまったら、仕方がないかと思います。

きちんとやるのであれば

次に出てくるうんちが下痢ではないことを確認してから

登園すればよいかと思います。


よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 腹痛について
食欲がある腹痛が続く場合、

多くは便秘による腹痛です。

毎日排便がある便秘のお子さんもいらっしゃるので

腹痛が辛いようであればまずは自宅で浣腸をして改善するのか、

様子をみてみるのがお勧めです。

それでも腹痛が改善しない場合は来院してください。


よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
お腹が張っているようであればイチジク浣腸をしましょう。

お子さんが乳児であれば綿棒浣腸でもよいかもしれませんが、

イチジク浣腸のほうが確実に効果がありますのでお勧めです。

もちろん、クリニックに来ていただければこちらで浣腸することも可能です。


よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
発熱から始まる胃腸炎も珍しくありません。

夜間嘔吐しても、嘔吐したものが緑の液体でなければ

何も飲ませないで朝まで様子をみましょう。

何か欲しがっても飲ませると

再び嘔吐してしまう可能性が高いからです。

吐ききれば嘔吐は止まります。

胃腸炎は基本的に嵐が去るのを待つ病気ですが

嘔吐が辛い場合には吐き気どめの漢方薬を

お尻から注入しますので来院してください。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
胃腸炎の発熱後、どのくらいで嘔吐するかは

誰にもわかりません。

嘔吐しない場合もよくあるからです。

寝ている間に嘔吐してしまったら、と考えると眠れなくなります。

お子さんの体調管理をする親御さんの体調が悪くなれば

お子さんの状態がよくなるはずがありません。

不安なのは仕方ありませんが、

多くの場合、嘔吐が始まると親御さんは目が覚めますので

とりあえず、お子さんのためにしっかりと寝ましょう。

おしっこに関しては、

水分摂取量が少なければ、尿量も減るのは当然です。

今はあまり水分を飲ませてはいけない時期なので、

尿量を気にするのはやめましょう。

24時間でなくても、そのあと出てくれれば大丈夫です。

よろしくお願いします。

Re: タイトルなし
胃腸炎の発熱後、どのくらいで嘔吐するかは

誰にもわかりません。

嘔吐しない場合もよくあるからです。

寝ている間に嘔吐してしまったら、と考えると眠れなくなります。

お子さんの体調管理をする親御さんの体調が悪くなれば

お子さんの状態がよくなるはずがありません。

不安なのは仕方ありませんが、

多くの場合、嘔吐が始まると親御さんは目が覚めますので

とりあえず、お子さんのためにしっかりと寝ましょう。

おしっこに関しては、

水分摂取量が少なければ、尿量も減るのは当然です。

今はあまり水分を飲ませてはいけない時期なので、

尿量を気にするのはやめましょう。

24時間でなくても、そのあと出てくれれば大丈夫です。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
水分をほしがるようであれば

少量ずつ飲ませてみましょう。

それで嘔吐が始まったらやめましょう。

よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
いつもお世話になっております。

7歳になる息子なんですが、足の小指に魚の目のようなものが出来ています。触ると痛いようなんですが、市販の魚の目絆創膏などを使っても大丈夫でしょうか?
Re: タイトルなし
うおのめ、であるならば、

市販薬を使っても問題ないと思います。

うおのめ、じゃないところに薬がつかないように

注意して使ってください。

よろしくお願いします。

お返事ありがとうございます。

市販の物を買ってみましたが1番小さいサイズでもウオノメの方が少し小さいようなのですが、周りの皮膚が悪くなってしまいますでしょうか?
Re: タイトルなし
おそらく周りの皮膚が悪くなる可能性が高いです。

できれば小さく切って使いましょう。

よろしくお願いします。
分かりました。
ありがとございます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
おそらく膣からの分泌物かと思われます。

あまり心配することはありませんが

数日様子を見て改善傾向がなければ

一度受診してください。

よろしくお願いします。
プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数