FC2ブログ
2020/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
3月2日(月)は午前休診です。
今週も1週間が終わりました。

インフルエンザは一部地域でB型が流行している以外は

全く流行は見られなくなりましたね。

休日診療所のときB型が2人出ましたが、

いずれも濃厚接触があるお子さんでした。

それ以降は一人もでていません。

溶連菌は10人でています。

間違いなく、コロナウイルス対策が

インフルエンザの流行を抑え込んでいるのでしょうね。


さて、お子さんが乳児の親御さんにどうしてもお伝えしたいことがあります。

木更津市は4ヶ月健診を集団健診で行っています。

袖ケ浦市、君津市、富津市は

4ヶ月健診を行っていないので、かかりつけ医でやってもらうことになります。

理由は簡単で、健診ができる医者の数が少ないからです。

木更津市も小児科医だけではとても手が回らないので

内科医にお願いして健診をしてもらっています。

健診で絶対見落としてはいけないことの一つに

停留精巣の有無、があります。

男の子の精巣はもともと陰嚢の中にあるわけではなく、

お母さんのおなかの中にいたとき、お子さんのおなかの中に精巣があります。

女の子と卵巣と同じ感じです。

それが生まれるちょっと前に鼠径管という通り道を通って陰嚢に降りてくるのですが、

きちんと降りていない場合、停留精巣といって1歳前後で手術が必要なのです。

降りているかどうかは、健診で精巣を触診すればわかります。

僕はもともと小児外科医なので

停留精巣の手術をしていたお医者さんなのですが、

君津中央病院で2歳を過ぎてから初めて判明して

手術になるお子さんがちらほらいました。

親御さんに「健診で精巣を触ってもらいましたか?」と聞くと

もれなく「触ってもらっていません」と言っていました。

今週も当院で7ヶ月健診をしたお子さんの精巣が停留精巣だったのですが、

4ヶ月健診で触ってもらってなかったそうです。

(実はうちの息子も同じ先生に健診をしてもらっていまして

やっぱり精巣は触ってもらえませんでした。)

健診に付き合う保健師さんも

健診の時に精巣を触ってくれない医者がいることは把握していますが、

「保健師から触ってくださいとはいえない」と言っていました。

余計なことを言って、

それでへそを曲げて健診をしてくれなくなることを恐れているのでしょうか?

精巣を触ってもらえない健診は

やらない方がよいのに。

(個人的には、木更津市も無理して4ヶ月健診をやらずに

他市と同様にやめた方がいろいろな意味でよいかと思います。)

医者は健診をやるとき、

必ず前回の健診の結果を確認します。

それで問題ないと書いてあると、「じゃあ、大丈夫かな」と思ってしまいます。

ちゃんと健診していないかどうかなんて、わかりません。

今回、たまたま僕が7ヶ月健診で停留精巣を見つけたので

大事には至らなかったのですが、

停留精巣は2歳を過ぎてしまうと

もう手術をしても手遅れになってしまう場合があります。

これから健診をうけるお子さんは

健診する医師が精巣を触っている様子がなかったら

その医師に「精巣はちゃんとありますかね?」と一声かけるか、

当院にご相談ください。

お子さんの将来を守るため、よろしくお願いします。



3月2日(月)は

臨時休校により出勤できないスタッフがいますので、

午前休診、午後3時診察開始となります。

よろしくお願いします。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数