fc2ブログ
2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
まだまだ大流行中。
今週も1週間が終わりました。

今週はインフルエンザA型23人、B型13人、

コロナ18人でした。

まだまだどれも大流行ですね(^^;)。

1ヵ月前にインフルエンザA型にかかったのに

またインフルエンザA型にかかったというお子さんが

何人かいらっしゃいました。

常識的にそんなことはありえないかと思いますが、

これだけいろいろ流行してしまうと

ウイルスも変異をして

違う型のインフルエンザAがでてきているのでしょう。

コロナのお子さんは

「どうしてうちの子がコロナに?」というパターンが

多くなっています。

保育園でコロナが流行しているところもありますが、

おそらく大人の無症状コロナが

こどもにうつって有症状のコロナとなっているのかなと思います。

インフルエンザもコロナも

子どもの世界ではいずれもあまり恐い病気ではないので

自宅で様子を見ても問題ないかと思います。

ご心配なら検査をしに来院してください。


以前、「コロナのPCR検査は保険適応ではなくなります」

とご案内したのですが、

3月までは保険で検査できるそうです(^^;)。

まあ、

個人的にはいまさらコロナのPCRをする必要はないかなと思います。

PCRというのは「そこにコロナウイルスがいるかどうか」

をみる検査であって

症状がないお子さんのPCR陽性が

必ずしも感染していることを意味しないからです。

発熱しているときに抗原検査をして陰性であれば

コロナにかかっていないと判断してよいかと思います。

コロナの抗原検査やコロナとインフルエンザの同時検査キットは

市販されていますが、

市販されているやつの精度って

いまいちな感じがしてなりません・・・。

結構、クリニックで再検査をして

ひっくり返ってしまうことがあります。

自宅で検査をして、

その結果を信じて様子を見てもよいのですが、

ご心配でしたら、確認の検査をしに来院しても

よいかもしれませんね。

ただ、

家族が次々とコロナにかかっていて

お子さんが発熱して、自宅でコロナ抗原検査陽性であれば

クリニックにコロナのお子さんを連れてくる必要はありません。

そのまま自宅で経過観察してください。

よろしくお願いいたします。



ブログのコメント欄から

お子さんのことで質問する際は

必ずお子さんの氏名、年齢(月齢)を書いてくださいね。

よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 腹痛について
胃腸炎の腹痛かと思います。

牛乳はまだ早かったかもしれませんね。

消化の良いものを食べながら様子を見てもよいし、

胃腸炎の腹痛に対しては吐き気止めの漢方薬を

おしりから注入すると割と効きますので

ご心配でしたら来院してください。

よろしくお願いいたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

やまだこどもクリニック院長

Author:やまだこどもクリニック院長
小児外科医として18年間働いた院長が、地域の子供たちのために頑張ります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ閲覧数